腰痛を根本改善したいなら飯塚市の整体院-WADA-

090-8350-3318

【完全予約制】9時〜21時(不定休)

腰痛改善ブログ

2022/05/02(月)

注意!草むしりでの腰痛

腰痛

 

 

飯塚市

慢性腰痛専門

整体院WADA

院長の和田です!

今回は季節柄草むしりでの腰痛を

お伝えしていきます!

春先から夏にかけ

庭先など雑草がかなり伸びえてきますよね!

草刈りを草むしりを終わったと思ったら

また伸びてきますし、

雨が降った後は、

かなり加速して伸びてきます!

本当にきりがないですよね。

タンポポなんか根が深いので

かなりてこずりますしね!

草刈り草むしりで

腰を悪くした方は多いのではないでしょうか?

私自身の家の庭にも、かなり草が伸び

腰が痛くなった事は多々あります。

そこで腰が痛くならない体制を

いろいろ検証してみました!

①椅子に座っての草むしり

結構楽でしたが地面との距離があったりで、

頭を下向きになるので、

腰、背中、肩甲骨周辺、首と痛くなってきます。

また時には頭痛やめまいがしてくる場合も

ありましたね。

②片膝をついての草むしり

これもかなり安定していて楽でした!

疲れてくるとついている膝を

交代するのはおすすめですね!

③両膝たちでの草むしり

膝が痛くなるので膝にパットやゴザなど

引くと良いですね。

ただつま先立ちするのでつま先が痛くなります。

また正座すれば脛あたりが痛くなります。

そのまま四つん這いでもいいかもしれませんね。

ローテーションでやるといいかもですね。

④お尻を付けての草むしり

これもかなり安定していました。

が、移動がしずらくはかどりません。

⑤ヤンキー座りでの草むしり

私はこれが一番良いですね!

私自身はこれが安定しています。

ただ長時間は足も疲れてきます。

私自身草むしり5パターンやってみたところ、

人それぞれ安定しているものもあれば、

合わないものもあると思います。

ただやっぱり、すべて5パターン

腰は痛くなります。

また腰だけでなく、背中や肩甲骨周辺、

首、足なども痛くなる場合もあります。

頭痛や吐き気、めまいなどもする場合もありますので

注意ですね!

結論は

〇あなたにあった体制で草むしりをしてください。

〇長時間同じ姿勢は腰痛の原因になります。

〇長時間する場合は体制パターンを腰などが

痛くなる前に変えていくのがおすすめ。

〇こまめに休憩を入れ水分補給や気温が高くない時、

日陰など注意して行ってくださいね。

 

もし草むしりで腰が痛くなった場合は?

〇あなたのかかりつけの病院、整形外科など

 行くのが良いですね

〇炎症が起きていると思われるので、

 腰を冷やして炎症をとりましょう。

ゆっくり楽な体制になり(横や仰向けに寝るなど)

して、アイスノンや氷嚢にタオルなど巻き

(直接冷やすと凍傷になる場合有)

10分から15分冷やす。60分開け、

×3セットくらい行ってください。

寝るときは湿布など貼るのもいいですね。

〇わからない場合などは、

やはりかかりつけの病院などお問い合わせください。

〇もちろん整体院WADAでもお問い合わせください!

草むしりの腰痛も大丈夫です!

整体院WADAにお任せください!

 整体院-WADA-

飯塚市綱分1599-6

AM9:00~PM9:00

予約は090-8350-3318

駐車場有

 

 

 

 

今すぐ腰痛を改善する